記事一覧

ちょっとしたプレイのコツとして

ファイル 4-1.png

 以前、『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』についてメールで
お問合せいただいた方への返信の中で、ごく簡単なプレイのコツを紹介させて
もらったことがあります。

 せっかくなので、その内容をこちらにも掲載します。

●ゴール=得点に有効なのは、
 「とにかくペナルティエリア内に進入してシュートを打つこと」です。

●その上で、シュートを打つ選手コマがボールを奪われないよう、
 いかに相手の選手コマを妨害するかが工夫のしどころです。
 (極端な話として、シュートする選手を味方選手で囲んでしまえば、
  [Fig]コマ以外には決してボールを奪われることはありません)

●そのような状態を作るためには、
 ボールを持った選手コマをあわててペナルティエリア内に進ませる前に、
 将棋の「待ち駒」のように、 相手の守備を妨害する役割の別選手を
 先に配置しておくと効果的です。
 (全体的に、このゲームは将棋のテクニックを色々と活かすことができます)

もうひとつ、別の攻略法として、

●「相手ゴールコマのひとつを、味方選手で押さえてしまう」
 というものがあります。
 ゴールコマには隣接するマスが2つだけなので、
 味方選手をとにかく前進させてその2エリアに入ってしまえば、
 ゴールコマを「押さえる」ことができます。

●この状態でそのゴールコマを目がけてシュートすると、
 相手はゴールコマからシュートを止めることができませんので、
 どんなに遠い位置からでも得点を狙うことができます。
 現実のサッカーではそう起こることではありませんが、
 このゲームでは(良くも悪くも)実は非常に有効な手段です。

今後プレイされる機会には、よろしければ活用してみてください。