記事一覧

主旨説明を兼ねてのサッカー編

ファイル 113-1.jpg

球技ルールで遊ぼう・第1回

 

◆はじめに

 えー、世に球技というものは数ありまして。
 当然、球技というゲームもそれぞれ いくつものルールと構成物(人間含む)
の集まりでできています。
 どの球技ルールも、けっこう多くの人の手でけっこう多くの年月を経てけっ
こう練り上げられたものでけっこうな完成度に至ってるものだとけっこう思う
のですが、そこはそれ、用具の技術的発達とか、プレーする人間の身体能力の
アップとか、ルールを巧みに駆使する戦術の高度化とか、そうしたもろもろな
構成要素の進歩・変化によって 時にルールの規定する限界が打ち破られ、
また時には社会的・経済的都合から改変を要求されたりして、そのたびにルー
ルもパッチを当てたり変更を余儀なくされたり、常に揺らいで定まり切らない
ものでもあります。はい。

 そんな揺らぎが常に生じている球技ルールの隙間には、素人目に「この部分、
なんでこうなってんの?」と疑問を感じたりとか、「今時なら、こうすると
もっと良くね?」とか言える余地もけっこういろいろありそうです。
 ゲームについてアレコレ考えるのが好きなワタクシにとっては、そういうの
もけっこう楽しいフィールドになりそうな気がします。

 そんなわけで、たまに気が向くに任せて もろもろの球技ルールをいろんな
方向からいじって遊んでみよう、というのが本稿の主旨です。
 内容は現実的でなくてもべつにいいんです。面白ければ。
 あえて曲がった方向へ行ったり、大げさになったりしても、それは いじる
こと自体を楽しむのが目的だからなので、そのへんご理解いただけましたら
幸いです。

 
 

◆ゴールキーパーのいないサッカーを妄想して遊んでみる

 ハイ、そんなわけでの第1回ですが。
 「やりたいのは、こういうようなことなのです」ていう主旨説明を兼ねた
小手調べとしまして、まずは私が好き(もっぱら観戦派ですが)でボードゲー
ムを作ったりもしてるサッカーからいじってみたいと思います。
 ルールをいじる、というテーマですし 名称も正確を期して「フットボール」
とか「アソシエーション フットボール」とか言いたいところでもありますが、
通りの悪い呼びかたでかえって話を通じにくくしてもな、ということでフツー
にサッカーと称していくことにします。よろしくお願いします。

 私がサッカーを特に好きな理由はいろいろですが、フィールド枠とゴールの
規定以外はかなり自由なところ、というのがまずあります。
 フィールド内のどこを使ってどんなプロセスで攻撃/守備しても構わない。
そういう自由を制限するルールがかなり少なく作られてる(フィールドの広さ
もその自由さに寄与してるでしょう)。
 自由な部分が大きいことで戦術の幅が広く、それでいて選手個々の判断が重
要だったりで、選手の技術以外にも見どころ・見方がいっぱい。楽しい。

 さてそんな中で、それでも自由に規制を加える特殊要素はいくつか存在し
ます。
 大きいところでは「オフサイドルール」、「ゴールキーパーの存在」といっ
たあたりでしょうか(ついでに「セットプレー」がいわゆる「別ゲーム」に
なっちゃうことも?)。
 当然どれも どうしても必要だから在るわけですが。
 承知の上であえて、よりシンプルで縛りの少ないゲームを目指して、どれか
を上手に取り除く方法はあるもんでしょうか?

 「オフサイド」はひとまず置いといて、ためしに、ゴールキーパー不在でも
成立できるようにすることを考えてみます。ムリヤリに。いたずらに。

 
 

◆サッカーからゴールキーパーを除くとしたら?

 フィールドを動く選手たちの中で唯一(試合にあっては唯"二"というべきか)
異彩を放つゴールキーパー。
 そんな特殊な存在・ゴールキーパーを、申し訳ないけどピッチから排除して
スッキリさせてみる妄想。

 そのためにまず、ゴールの枠を現在(内側7.32m×2.44m)より小さくする
ことで「手を使える選手いなくてもなんとか守れるんじゃねーの」という感じ
にならないか。
 小さくすればそれでいいのか?
 フットサルのゴールサイズでもキーパー(ゴレイロ)を置いてるのに?
 いいサイズを見出すのがまず課題だろうなー
 そしてそうすると、守備時にゴール前に選手をフットサル並にギュウギュウ
集めて守るのが常道になることも考えられます。せっかくフィールドの広い
サッカーでそれでは白けるでしょうね。

 これを避けるには? うーむ……

 ……いっそ、小さくした新ゴールを複数置いてしまえばどうだろうか!?
 守るにも的が絞れず、選手のダンゴ状態など作ってられますまい。

 で。ついでに。

 せっかくゴールを複数置くなら、いっそゴールごとで得点に差をもうけたら
どうだろうか!?
 たとえばゴールは3つ。
 左右のゴールは1得点、中央ゴールなら2得点。

 
ファイル 113-2.jpg

 試合の緊張感が増して、「サッカーは1得点ずつで逆転とか無いからつまん
ねーよな」とかしたり顔で言う野郎を黙らせることもできるぞ。

 
 

◆ペナルティエリアは?

 なんかグルグル目になってきた感じでサッカー破壊を妄想してますが。
 さてこんな風にゴールキーパーという存在を排除したとして。ではその上で
「ペナルティエリア」というモノはまだ要るもんでしょうか? 不要になるの
ならゲームはよりスッキリして、本稿の主旨としては結構なことですが。

 「ゴールキーパーが手を使える範囲」としてのペナルティエリアは不要に
なるでしょうけど、「ファウルが発生したらペナルティキック」を判断する
ためのペナルティエリアとしては?

  ペナルティキック=PKってば実際得点の大チャンスで、ファウルを
 受けた側=PKキッカー側だけにトクなよう整えられたルールに見える
 こともあるかもしれませんけど、実際はそんなことないですよね。
  たとえゴール前5cmで起こったファウルでも、通常の「ファウル発生
 位置から再開」っていうルールと違って、一定距離の特定位置(ペナル
 ティスポット)からのキックになるし。
  キーパー以外の守備側選手がエリア外に出されてしまうけど、同じ様
 に攻撃側選手もキッカー以外はエリアから排除されるし。
  もちろん「ゴールキーパーという例外的存在」をここでもうまく活かす
 ことで「限定的な守備力」を与えられてもいるし。
  まぁつまり、適度に失敗可能性も担保された形になってはいる。

 ……考えるに、ゴール付近でのファウル処理のためには、やっぱり何らかの
形でペナルティエリア的なものが必要な気はします。ゴール前で守備側の犯す
ファウルが通常のフリーキックで処理されるのは、攻撃側に有利すぎる。
 といって今回の仮定ではゴールキーパーを不在にしたぶん、現在のPKと
同じことはできない。

 ならばいっそ、ハンドボールの「ゴールエリア」みたいに「ゴールから一定
距離」範囲を区切って、「攻撃側はこの中に進入禁止。入ったら反則」とした
らどうか?(守備側は無制限に入れるとする。そこはハンドボールとの違い)

 
ファイル 113-3.jpg

 こうすれば、このエリアより内側ではファウルは発生しない理屈。
 なので、普通のフリーキックのルールですべてを処理できるはず。
 あとはゴールエリアの広さ(ゴールからの距離)調整の問題にすれば。
 (……コーナーキックがやたらゴール狙いやすくなったなコレ)

  ついでに。
  この「新・ゴールエリア」=「攻撃側進入禁止なエリア」があるなら
 「オフサイド」もいっしょに不要にできなもんでしょうか?
  サッカー理解においていちばんややこしい部分なので、うまいこと
 無くせたらそりゃすごいけど。

 ……でも「新・ゴールエリア」があっても、どのみちエリア際ギリギリ
 のところで待ち伏せは発生しますね。
  結果、常に前後に幅広く選手を置かなきゃならない間延びした状態に
 なり、自由度がかえって低下すると。
  現行ルールで「オフサイド」を外しただけの状態と、大して変わら
 ないのでしょう。
 「可変式の攻撃側進入禁止エリア」を作る「オフサイド」のルールは、
 やっぱり優れたものなんですねー。

 
 

◆いじってはみたけれど

 ……と、つらつらと好き勝手考えてるうちに、ゴールキーパーという特殊
要素とPKという特別ルールの存在をスッキリさせて、ついでに逆転スリル
もあるサッカーが出来上がったぞ。スバラシイ。

 ゴールキーパーがいない分、フィールドプレーヤーを11人にするのか、
10人のままでいくのかは、まあフィールドの広さから考慮して好きにすれ
ばいいんじゃないかな。

 これで試合を面白くするには、ゴール間の距離とか、すごく重要そうでは
ありますね。
 そして攻撃時に どのゴールをどう狙うかで、サイド攻撃の考えかたは根本
的に変わるかも。サイドを突いたところで、いかに中央にボールを入れるか
を考えるばかりでなく、そのまま直近の別ゴールを狙う選択肢も増えるわけ
ですから。
 点差によって考えかたもいろいろ変わってくるから、そのへん観戦の醍醐味
にもなってきそう。

 対して守備側としては、ボールのあるサイドに守備陣全体が寄るような動き
がダメになるかも。小さくなった各ゴール枠の前に選手をぎっちり並べて塞ぐ
守りかたが有効だとマズいけど、そこはゴール枠と新ゴールエリアのサイズの
調整で解決する問題でしょうか。

 審判としてはゴールが増えるぶん、微妙なゴールインの判定が大変。
 (ついでに「新・ゴールエリア」進入のジャッジも大変そう)

 
 ……でもこれなんか、手を使える/使えないとか関係ナシに、

 「各ゴール前に最低1人ずつ守備要員を常駐させとくのが常道」

みたいになっていきそうな気もするな。
 それだとけっきょく、自由なフィールドプレーヤーを前よりさらに減少させ
ちゃうだけ、ということに。

 ……じゃあだめかこれ。あははーだ。
 やっぱり「ゴール1つでゴールキーパーあり」の方がスッキリしそう。
 ゴールキーパーってすばらしいですね!

 
 けっきょくやらないほうがいいよね ってお話を垂れ流して第1回は終了。
 たぶん今後もこんな感じです。