記事一覧

さて、どこから作ろうか

 

 
 前回までで見据えるべきコンセプトを決めてみた、「RPG的ゲーム群」
とでもいうべきモノであるところの『妖精郷の住人たち(仮)』。
 つづいて実作に向けて考えていきます。
 って、それはいいのですが。
 統一した世界設定でテーマ別にいろんなゲームを作っていくとして、
まず何テーマのゲームから作るのがいいでしょう。

 
 

◆最初に作るべきゲームは?

 先にコンセプトをこね始めた時点で、以前の記事の図に「パッと思いつく
個別ゲームネタはこんなところかな」という例を挙げてみてはいましたが。
これですね。↓

ファイル 132-1.png

 
 このうち、最初に提示するゲームとしてベストなのはどのテーマのもので
しょうね。ちょっと考えてみました。

 提供元としてはスタートアップで示したいのは、ゲーム単品としてのアピー
ルに加えて、後に続くシリーズとして押し出していきたい面。
 つまり「RPG的なゲームだよ」ということと、「世界観」と、
「世界の形のイメージ」……というあたりでしょうか。

 ここでいう「世界観」というのは、「世界をどういうものだととらえて――
ディフォルメして――描き出すか」、「世界のどんな面に注目し強調するか
/どんな面をあえて取り除くか」……といったことです。
 どうしても作中に表れる、作品世界全体を取り巻くある種の価値観。それを
自覚的にコントロールしたいと望む部分、とでもいいますか。作中の人命の
軽重とか、地味な生活部分の描かれ方(食事、睡眠、排泄、負傷や病気、性的
活動、経済生活、美徳悪徳、他)などによく表れます。

 世界の地理や、社会のありよう、人間外の生物や超常的存在、超常的現象や
その法則などなどは、「世界の形のイメージ」の方としてとらえています。

 
 こうした事柄をまず提示するには やはり、多くのRPGが備える基本要素に
倣ってみるのがいいでしょうか。
 つまり、キャラクター表現と個人戦闘まわりについてのルールシステム、これ
に冒険の背景・舞台としてのワールドガイド資料を添えた形。
 これらを主要素に成り立っていれば「RPGっぽい」ってことなので(?)
「RPG的なゲームだよ」ということに納得してもらいやすそうですし、ルール
システム化されたキャラクター表現や(葛藤を解決する手段の一環としての)
個人戦闘は、「そのゲーム内では人間や生命をどう扱うのか」という「世界観」
への意図が自然と込められます。

 となると、最初に作るべきゲームテーマはやはりというか、
 ダンジョン(クローズド環境)探索もの ということになりそうな。

 でもこのテーマ内だけでは、「世界の形のイメージ」を伝えられる要素はごく
限られたものになりそう。それを語ってくれそうなのは、
 「キャラクター描写まわりの中の独特な要素(あれば)」
 「想定される舞台/どんなクローズド環境がある?」
 「立ち向かうべき課題/敵の姿とかその対処法とか」
……の描かれ方とか、そのあたりくらいでしょうか。

 なのでできればこれに続けて間を置かず、
 旅行(野外移動・探索)もの も作れるといいのですが。
 こちらは冒険世界の地図が必須になるテーマなので、地理的な「世界の形」を
示すことができます。
「世界の形のイメージ」を伝えるに、地図はとっても饒舌です。
 世界イメージを伝えるための、けっこうな量の情報が収まるものなので。

 ダンジョン探索から続いて野外の冒険、というと、これはまさに『Dungeons
& Dragons』のベーシックセット → エキスパートセット の流れをなぞるかの
ようですね。

 
 よし、ではダンジョン(クローズド環境)探索ものゲームから
続いて旅行(野外移動・探索)ものゲームに着手していくという
流れで行くことにしましょう。決定。

 では次からさっそくゲーム実作に……と行きたいところですが、その前に
次段階としては、全体の背景を支える冒険世界のイメージをある程度作って
あげませんと。当座、最初に作るゲームに必要なぶんの設定だけでも。

 てことで次からはワールドイメージ作りをしていこうと思いますー。

 
 
 

コメント一覧