記事一覧

各コマの解説:[Dri]編

ファイル 15-1.png

 
 『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』をプレイする際に、
各コマの特性を活かすには?――コマの種類ごとに、ごく基本的なところを
紹介します。今回は[Dri]コマについて。

 
 [Dri]コマは、自身でボールを持って直接運んでいく能力に長けたタイプの
選手です。
 左右のフェイントを用いながら相手をかわしつつ突き進むその動きを、
チェスの「ビショップ」のような斜め方向の直線移動で表現しています。
 ボールを持たない[Dri]コマは小さな移動能力しかありませんが、
ひとたびボールキープしたなら、後方からでも一気に敵陣を突破する
攻撃の尖兵となることが可能です。

 ボールを持ってこそ力を発揮する[Dri]コマは、明らかに攻撃に特化した
戦力といえます。

ファイル 15-2.jpg

 
 

●普段から通り道のキープを

 [Dri]コマを活かす考え方のひとつとして、ボールキープ状態でない時にも、
斜め直線移動のルート(角道)が開かれているよう意識すると良いでしょう。
 ボールを持っていない[Dri]コマは、相手に侮られがち。
 普段から通り道をキープしておけば、隣接受け渡しなどで瞬時にボールを
持たせて相手の不意を突く、といったことができます。

ファイル 15-3.jpg

 
 

●効果的なボールの運搬手として

 下の図は、
     【隣接コマからボールを受ける】
            ↓
        【[Dri]コマ移動】
            ↓
     【行き先の隣接コマにボール渡す】

 ……といった1回のアクションを示したものです。
 このように、一気に敵陣に斬り込む大きな移動が可能な[Dri]コマは、
ボールの隣接受け渡しもあわせて駆使することによって、1回の手番だけで、
時に思ってもみないほど遠くまでボールを運ぶことができます。

 こうした、サッカー的言い方をすれば「長短織り交ぜた素早いボールまわし」
は、攻撃する上でいろいろなメリットをもたらします。

 ●相手守備の緩い場所で余裕をもって攻撃を組み立てるのに有効
  (相手がすぐに奪えない場所でボールをキープしてしまえば、
   分厚い攻撃のため他の選手コマを動かす隙ができる)

 ●PA内への突入で、味方どうし相手マークから守り合いつつ
  危険なシュートを狙うことができる

 ●隣接受け渡しを経てボールを持つことは、[Dri]コマの突入を
  予測しにくくする効果も

ファイル 15-4.jpg