記事一覧

初期配置とシステム

ファイル 3-1.png

 
※すでにサッカー知識のある方向けの記事です。

 『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』では、ゲーム開始時の
各コマの初期位置があらかじめ決められています。
 これは、サッカーの知識が無くともスムーズにゲームを始められるように
するためで、ゲームスタートの瞬間から ある程度攻守に便利な配置構成に
なっています。
 しかし こうした初期配置は、すでにサッカーに詳しい方にとしては、
「なぜこうなっているのか」「好みのシステム/フォーメーションで
プレイすることはできないのか」といった疑問が浮かぶかも知れません。

 「自由な初期配置・チーム編成」によるプレイについては、オプションルール
として 具体的な内容を現在検討しているところで、いずれこの場で発表させて
いただきたいと考えていますが、そうしたオプションルールを特別に導入しない
場合には、自分でコマを移動させることで望む配置を作り上げることになります。
 将棋の序盤戦と同じように、スタート直後はあえて攻めあわずに まず自分の
戦いやすい陣形を組むわけです。

 どのような選手配置がどのような戦い方に適しているのか、それは研究に
よってさまざまな形が見えてくることと思いますが、どのような陣形であれ、
初期配置を活かして少ない手数で作ることができれば、有効な攻撃をより早く
繰り出していけくことができ、試合は有利になります。
 規定の初期配置は一見、中盤がワイドな4-4-2がやや崩れた形のようですが、
一部の選手コマを少し動かすことで、現実のサッカーでよく知られる色々な
システムに対応できるようになっています。

 
ファイル 3-2.jpg

 
●1トップ?/2トップ?
 最前線に張り付いてボールを受ける役割の選手の数は?
 相補的な2枚を置くか、1枚にして([Fig]がオススメ)、
 少し後方から攻め上がる役割の選手を増やすか。

●Defensive Midfielder は1枚?/2枚?
 チームの中心で攻撃陣と守備陣をつなぐ役割の選手の数は?
 攻撃の基点になる[Pas]を重視するか、
 守備のバランスをとれる[Bla]を重視するか。

●4バック?/3バック?
 主な守備陣を何枚の選手で構成する?
 サイドにいる[Spr]の一方の基本位置を調整することで、
 4バックにも3バックにも。

 
※両[Spr]の位置を上げ、[Bal]を下げることで
 3バックを形成することも。