記事一覧

オプションルールのすすめ

ファイル 5-1.png

 
 『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』をプレイしいていて
あまりに得点が入らずゲームとして面白味が感じられない、という方には、
説明書にも紹介している サイコロ等を使ったオプションルールを
いちど試してみることをお勧めします。

 基本ルールは戦術のシミュレーション性を重視して、運の要素を排除して
作られています。しかしゲームとして楽しむには、あえてそれを導入するのが
むしろ良いのではないでしょうか。
(現実のサッカーの試合でも実は、運の要素は少なからず影響を及ぼすものです)

 
 このルールを使うことでシュートのチャレンジ性が増し、
「序盤に均衡が破れることから打ち合いの展開へ」「試合終盤の劇的ゴール」など
『試合のあや』が生まれやすくなるでしょう。

 
 
 

オプションルール

 ・サイコロを1つ、またはそれに類するものを用意してください。
  (1~6の数が得られれば、サイコロでなくとも構いません。
   例えば鉛筆の6面に印をつけて使うのも良いですし、
   トランプ等のA~6を抜き出してその都度ランダムで
   1枚引くようにしても良いでしょう)

 ・ペナルティエリア内でシュートを試みる時。
  シュート状態(GOALコマとのパス交換状態)にして手番を終える前に、
  通常のシュートに代えて、サイコロ運での得点を試みることができます。

 
  ●サイコロを振り……

    出目が1 → ゴール!
      1得点を得て、相手側のキックオフからゲームを再開します。

    出目が2~6 → シュートは失敗
      相手側の[GK]コマにボールキープ状態が移り、
      相手側の手番になります。