記事一覧

『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』対局リプレイ・33

 
 
前回よりつづき》

 1点リードのままなんとか前半終了まで逃げ切ろうとしていた《青》ですが、
終了直前に《赤》が最後のシュートチャンスを得ようとしています。

 
 

●前半44分/第88手

 《赤》の第88手。
 右サイドの狭い領域でボールの奪い合いを続けていた密集の中で、《赤》は
ペナルティエリア内シュートができる形になれる隙を絶えず狙っていましたが、
終了1分前にしてついにそのチャンスが訪れました。

 ボールを得た[Dri]コマが、《青》[GK]と[Pas]の間隙を縫って前進、相手陣の
ペナルティエリア隅に進入します。
 そしてシュート。
 もちろん、相手の守備を受けないサイコロによるシュートです。

ファイル 68-1.jpg

 
 前半のうちに同点に追いつける最後のチャンスです。
 サイコロを握る《赤》の手にも気合が入ります。

 1が出れば得点。
 さてサイコロの出目は……

ファイル 68-2.png

 ……残念。得点には至りませんでした。
 《赤》としては非常に悔しいところですが、これで手番は終了です。
 ボールは《青》[GK]に渡ります。
 時間は進めず。

ファイル 68-3.jpg

 
 

●前半45分/第89手

 《青》の第89手。
 ハーフタイム間際の《赤》のシュートチャンスを完全に封じることは
残念ながらできませんでしたが、幸運にも失点には至りませんでした。
 時間経過はいよいよ45分が近づいており、次手に《赤》の連続シュート
を許さない形をここで作りさえすれば、実質 前半はもう 0-1 のスコアで
乗り切ることができます。

 ここは、とにかくペナルティエリア付近の《赤》選手コマからボールを
離せば問題ないところでしょう(特に《赤》[Fig]コマから引き離すことは
重要です)。ボールを持った[GK]がそのままタッチライン際へ斜め後方移動し、
隣接する《青》[Fig]にボールを渡します。

ファイル 68-4.jpg

 時間はついに前半45分に
 この45分を指した状態が終わったところで、前半が終了します。

 
 

●前半45分/第90手

 《赤》の第90手。
 《赤》にとっては前半最後の一手です。
 最後にもう一回シュートに持ち込めたなら良かったのですが、《青》の対応に
よって、残念ながらそれは叶わない状況になりました。

 こうなったからは、もはやここでどんな手を指しても、それほど意味はあり
ません。
 さしあたり、ということで[Spr]を移動させてボールを奪い、手番を終えます。

ファイル 68-5.jpg

 
 さて、ここで《赤》が手番を終える際に時間を進めない場合、
まだ「45分の状態を終え」てはいないため、次に《青》が第91手を指すことが
できます。
 しかし、《赤》としてはここでわざわざ《青》に追加の手番を与える必要も
ありません。なので、時間を進めます。

 これで45分間が完全に経過し、試合の前半が終了となりました。

 
 

●前半終了

 前半が終了した時点で、スコアは

《 赤 0-1 青 》

……と、《青》がリードを得ました。

 両チームの前半のシュート数は、

《赤》5
《青》3

 サイコロシュートを決めた幸運で《青》が1点を得ているものの、全体的には
《赤》がよくボールを運んで攻撃的に進めていた印象です。

 後半、リードされている《赤》は巻き返すことができるでしょうか。
 それとも、《青》がリードを守る、あるいはさらに突き放す展開があるで
しょうか。

 この後ただちにコマの位置を初期状態に戻し、後半が始まります。
 
 
《つづく》