記事一覧

『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』対局リプレイ・13

 
 
前回よりつづき》

 《赤》が守備網を作っていく中で、《青》が攻撃の手を探っている状況から
続きです。

 
《第24手終了時》
ファイル 39-1.jpg

 
 

●前半13分/第25手

 《青》の第25手。
 第24手で《赤》が前線の[Fig]を下げて対応してきたのは、《青》にとっては
少し予想外でしたが、これはそれほど問題ではありません。

 右サイドにいる[Mov]を下げて、《赤》[Fig]から改めてボール奪取した[Bal]
からボールを受けます。
 時間は前半13分に。

 
 

●前半13分/第26手

 これに対して《赤》は、これ以上この中盤のエリアでボールを争うことは
しません。もとより、この場で《青》がボールキープできることは承知して
いましたので。

 ここでやるべきことは、ボールキープした《青》が仕掛けてくるであろう
攻撃を予測して、それに備えることです。
 まずは危険度の高いところからということで、初手から自陣ペナルティエリア
にずっといる《青》の[Spr]を改めて[GK]でケアします。
 時間は進めず。

 
ファイル 39-2.jpg

 
 

●前半14分/第27手

 《青》の第27手。
 ボールをキープしたところで、《青》の攻撃が始まります。
 《青》は、まずは攻撃の起点を左サイドの[Dri]と定めました。[Mov]が
あらためて[Dri]に隣接し、ボールを渡します。
 時間は前半14分に。

ファイル 39-3.jpg

 [Mov]が中継役となって、[Bal]から[Dri]へとボール運んだ格好です。
 《青》[Dri]が、味方[Spr]のいる《赤》のペナルティエリアへの突入を
伺う形ができました。

 
 
《第27手終了時》
ファイル 39-4.jpg

 
《つづく》

 
 
 

“草原と羊と風と”委託販売始まりました

ゲームマーケット2013春の新作、遊牧生活カードゲーム『草原と羊と風と』の
ショップ委託販売が始まりました。

Amazon他 ゲーム、ホビー専門店などで取扱いいただいています。

 

 
 

『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』対局リプレイ・12

 
 
前回よりつづき》

 《青》が攻撃に転じるに向けて、安全にボールキープしようとしています。
 その流れの中でボールを受けた[Pas]に対して《赤》の[Pas]が寄せて、
いちどボールが《赤》[Pas]に渡った……というところから今回の続きです。

《第22手終了時》
ファイル 37-1.jpg

 
 

●前半12分/第23手

 《青》の第23手。
 まず、直前に《赤》[Pas]によって奪われたボールはすぐに奪い返すことが
できます。そして、その[Pas]が《赤》の[Pas]を避けて安全にボール保持する
動きを検討します。

 《赤》の追随を受けない形でのボールキープをすぐに手早く行うには、
[Pas]を他の味方コマと隣接・連携させるのが有効です。隣接していれば、
より安全な方へとボールを受け渡すことができるので。
 現在の状況で、一手で[Pas]との連携ができるのは、左右やや後方にいる
[Fig]と[Bal]です。どちらを連携させるにしろ、動くべきは[Pas]かもう一方か、
という点も考えどころでしょう。
 それぞれの場合を見てみましょう。

 
ファイル 37-2.jpg

 [Pas]が[Fig]に寄せて隣接しても、[Fig]には《赤》[Dri]が隣接している
ので、これはうまくありません。
 [Fig]が動いて[Pas]に寄せれば、問題なくボールキープはできそうです。
しかし《青》としては、[Fig]が動くことで、《赤》の[Dri]と[Spr]の進路を
塞ぐ「蓋」が失われてしまうことが気になりました。もしかするとこのことが、
後で《赤》の攻勢になった時に危険を生んでしまうかもしれません。

 [Pas]が[Bal]に寄せた場合。移動からそのまま[Bal]にボールを渡してしま
えば《赤》[Pas]からのチェックを防ぐことはできますが、《赤》は前線の
[Fig]を下げれば[Bal]にプレッシャーをかけられます([Bal]の方から[Pas]に
寄せた場合も、《赤》[Fig]によるチェックが可能なのは同じですね)。
 《赤》にしてみれば、前線中央にフリーで構えるこの[Fig]コマは、後で攻勢に
転じた時に重要な役割を担わせたいところでしょう。しかし、このコマは現在
《青》の陣のオフサイドラインを越えた位置にいます。この機会にひとまず
位置を少し下げておこう…と《赤》が考える可能性はじゅうぶんにあります。

 《青》は考えて、[Pas]を動かして[Bal]と連携させることにしました。
 移動した[Pas]が、《赤》[Pas]からボールを奪い、そのまま隣接した[Bal]に
受け渡します。
 時間は前半12分に。

ファイル 37-3.jpg

 
 

●前半12分/第24手

 《赤》の第24手。
 《赤》は《青》が考えた通り、前線の[Fig]を後方に下げて《青》[Bal]を
チェックに行きました。

※図・《赤》[Fig]を後方に下げ、ボール奪う
ファイル 37-4.jpg

 これは守備の効果よりもむしろ、後のためにオフサイドライン手前に位置を
移しておくことが《赤》の目的です。
時間は進めず。

 
 
《第24手終了時》
ファイル 37-5.jpg

 
《つづく》

 
 
 

“草原と羊と風と” かんたん遊びかた紹介

 
当“しばくり”は、4/28(日)に開催される
アナログゲームイベント『ゲームマーケット2013春』に出展参加します。
出展ブースは[425]。

ファイル 36-1.jpg

出展予定の新作“草原と羊と風と”の簡単な内容紹介を。

“草原と羊と風と”は、中央アジアの遊牧民家族となって、日常の仕事をしてゆく
遊牧生活カードゲームです。
家族みんなで力を合わせて働いていれば、日々の中にうれしい出来事は
ふと訪れるものです。
そんな「幸せ」をたくさん心に満たして、冬営期~夏営期の一年でいちばん
“幸せ者”だった人がゲームの勝者です。

競いながらも仕事はお互い協力しないと立ち行きません。
助け合い精神で競争する、そんな大らかな?ゲームです。

ファイル 36-2.jpg
▲家族は6人。
 それぞれできる仕事・できない仕事、「幸せ」を得られる事柄に個性があります。
 2~6人で遊べます。

▼ゲームは、「仕事カード」をかき混ぜることから始まります。
 羊の群が描かれた「羊ボード」をカードの上に乗せて、
 ボードの上からグシャグシャーとかき混ぜて広げます。
 かき混ぜ具合もゲームのポイントです。
ファイル 36-3.jpg
▲順番にボードの下からカードを選んで引き抜き、手札にしていきます。
 取って良いのは、裏面の丸い模様が見えているカードのみ。
 つかんだカードを使って他のカードやボードを動かして、
 次番以降に取れる札・取れない札を作り出すのもテクニック。

▼カードにある仕事はいろいろ。
 手番に手札から場に出して、自分のチップを出して仕事を実行していきます。
 自分で実行できない仕事のカードも、他の人の思惑を考えてうまく使いましょう。
ファイル 36-4.jpg
▲一家にはわんこもいます。
 その巨躯と強靭な牙で狼すら屠ることができる、とても頼れる牧羊犬です。
 かわいいですね。
 犬には家族みんなが命令して仕事をさせることができます。

▼高度な仕事、たまにしかない仕事には、ほかの仕事を「リンク」させないと
 実行できないものがあります。
 もちろんそうした仕事の方が得られる「幸せ」は大きいので、ぜひ狙いたい
ところです。
ファイル 36-5.jpg
▲家族のだれが仕事を実行しても、カードが示す家族みんなが「幸せ」を
 もらえます。
 だれかが働けば、それは家族みんなのためになるのです。
 (勝とうと思ったら、そのあたりも考えて仕事をしないといけません)

……と、このような しばくり新作 “草原と羊と風と”は、
予価2500円で頒布させていただきます。

当日お取り置き等については随時受付します。

こちらからご相談ください。  ⇒ 《お問合せ》

イベント前々日(26日)いっぱいまでは問題なく受付できると思います。

 
 

ゲームマーケット2013春に参加します

 
当“しばくり”は、4/28(日)に開催される
アナログゲームイベント『ゲームマーケット2013春』に出展参加します。
出展ブースは[425]。

遊牧生活カードゲーム“草原と羊と風と”を新作として頒布します。
予価2500円です。

ファイル 35-1.jpg

ファイル 35-2.jpg

 
詳しい情報は、今後当ブログと本サイトにて公開していく予定です。

 
当日お取り置き等については随時受付します。

こちらからご相談ください。  ⇒ 《お問合せ》

イベント前々日(26日)いっぱいまでは問題なく受付できると思います。

 
また“サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?”もまだまだ頒布しますので
こちらもよろしくお願いします。(4000円)

ファイル 35-3.png

 
 

『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』対局リプレイ・11

 
 
前回よりつづき》

 前半11分、《赤》の連続シュートをしのいだ《青》が、[GK]から[Pas]へ
ボールを渡そうとしています。こんどは《赤》の守備です。

《第21手終了時》
ファイル 34-1.jpg

 

●前半11分/第22手

 《青》の[Pas]に対して《赤》は、こちらも同じ[Pas]が唯一プレッシャーを
かけられる位置にいます。しかし、双方[Pas]コマは他の味方コマと連携して
いない(隣接していない)状態にあり、《赤》が[Pas]で寄せてもすぐにボール
を奪えるわけではありません(移動してからのボール奪取では 次手ですぐまた
奪い返されることになるので)。
 《青》の手も、それを見越してのものでしょう。多少《赤》コマに追い回され
ても[Pas]はボールキープできるだろう、という考えです。

 そして、《赤》第22手。
 ここまでを踏まえての《赤》の守備開始アクションですが、《赤》は結局、
まず自らの[Pas]を相手[Pas]に寄せることを選択しました。
 時間は進めず。

ファイル 34-2.jpg

 《青》[Pas]をただちに抑え込むことはできなくとも、守備を組み立てていく
ためには相手[Pas]を追えるコマが1つ以上必要だという考えからです。
(ここでボールを奪う行為は無意味なようですが、一応行っておけば そこは人間
どうしの対局、相手にいつどのようなミスが出るか分からないものです)
 また差し当たって、《青》の前線の[Spr]が下がって[Pas]と連携することを
防ぐ効果もあります。

ファイル 34-3.jpg

 
 《青》は次手から 奪われたボールを[Pas]に奪い返した上で、《赤》の[Pas]を
避けて安全にボール保持する動きを検討していくことになります。

 
 
《第22手終了時》
ファイル 34-4.jpg

 
 
《つづく》

 
 
 

『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』対局リプレイ・10

 
 
前回よりつづき》

●前半10分/第20手

《第20手終了時》
ファイル 33-1.jpg

 
 《赤》による、サイコロ判定シュートの連続攻撃が行われています。
 いちど判定に失敗しても、すぐまた次のシュートを放つ《赤》。
 さてそのボールの行方は?

 
 《赤》がまたサイコロを振ります。

ファイル 33-2.png

 
 《赤》には痛恨ですが、今回もシュートは失敗。得点できませんでした。

 《青》[GK]がボールを持ち《青》の手番です。

 

●前半11分/第21手

 《青》第21手。
 《青》としては、一連の攻撃で失点とならず一安心です。直前の指し手で
備えておいた甲斐がありました。
 《赤》の攻撃の手から逃れるためにここで《青》がとるべきアクションは、
[GK]を図の位置に移動させることです。

ファイル 33-3.jpg

 《赤》が[Mov]を使ってさらに《青》[GK]を追ったとしても、上図のように
《赤》[Mov]はペナルティエリアの外に出ることになります。
 そのため、「ボール保持者を追う → ボール奪う → そのままシュートする」
……という連続攻撃はここで途切れることになるのです。
 《赤》がパス妨害のためだけに[Mov]を[GK]に寄せてきたなら、《青》は
次手で[GK]を一歩後退させてしまえば、もう《赤》はすぐにそれを追うことは
できません。

ファイル 33-4.jpg

 
 以上のことから《青》は第21手として、[GK]を《赤》[Mov]の背後に移動させ、
そのまま[Pas]とパス交換をします。
 時間は前半11分に。

ファイル 33-5.jpg

 《赤》としては、あわよくば3度め以降のシュートも狙っていましたが、
《青》の冷静な対応で、そこまでは至りませんでした。

 ~続きます。

 
《つづく》

 
 
 

『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』対局リプレイ・9

 
 
前回よりつづき》

 前回、《赤》はペナルティエリア外からのシュートを餌にして《青》[GK]を
ゴール前に釣り出し、そこを狙ったボール奪取でただちにサイコロ使用のシュート
にチャレンジしました。
 今回はそのシュート判定からです。

 
《第18手のシュート》
ファイル 32-1.jpg

 
 《赤》がサイコロを振り、1の目が出ればゴール=得点です。

 
ファイル 32-2.png

 
 シュートは失敗。
 《赤》は時間を進めることはなく、前半9分のままです。
 《青》の[GK]にボールが渡り、《青》の手番となります。

 《青》としては、ただちに[GK]を安全な場所に移動させて攻撃に転じたい
ところです([GK]以外を動かす、という選択はあり得ません。[GK]を移動させ
ない限りは、《赤》は得点が入るまで何度でも「ボールを奪ってシュート」を
繰り返すだけのことだからです)。
 しかしすぐに、それができないことに気づきます。

 この手番で[GK]がペナルティエリアのどこに移動しても(または傍の[Fig]に
隣接してボールを渡しても)、《赤》は[Fig]か[Mov]、または[Mov]の「マン
マーク移動※」で《青》[GK]を追いかけ、ふたたびペナルティエリア内での
シュートができる状況になっているのです。
 どうやら、ここまで折り込んでの《赤》のプランだったようです。

 
《この時点で《赤》[Fig]&[Mov]がフォローしている範囲》
ファイル 32-3.jpg

※マンマーク移動
 自選手コマが隣接した状態の相手選手コマが移動した時、直後の手番で
 通常のコマ移動に代わり、隣接の自選手コマでそのまま相手の移動コマ
 を追いかけることができる特殊な移動ルール。

 これを用いると、そのコマ本来のルールでは不可能な位置への移動が
 できる。

 
 こうなると、《赤》の2度めのサイコロ判定シュートは避けられません。
それならば、このシュートで失点した場合はもう仕方がないと割り切って、
シュート失敗の幸運に備えた行動をとっておくべきでしょう。
 つまり、2度めのシュート失敗でボールが自[GK]に渡ったときに、またすぐ
《赤》にボールを奪い返され3度めのシュートを浴びる――という事態を
避けられる位置取りを、この時点で[GK]にさせておくことです。

 

●前半10分/第19手

 《青》の第19手。
 連続シュートを浴びるのを避けるための[GK]移動先として、《青》は
図の位置を選びました。

ファイル 32-4.jpg

 そして、最前線の[Spr]に長いパスを試みておきます。
 すぐにまたボール奪われることは確実な状況なので無駄な行為ではあるの
ですが、《青》としては一応念のため、といったところです。
 時間は進行して前半10分になります。

 

●前半10分/第20手

 《赤》第20手。
 当然、《赤》はすぐに想定していた連続攻撃を行います。
 《青》[GK]の動きに追随するため[Mov]にマンマーク移動させ、そのまま
ボールを奪うとただちにシュートします。

 
ファイル 32-5.jpg

 選択するのは、もちろんサイコロによるシュートです。
 果たしてこのシュートはゴールとなり、《赤》の連続攻撃を実らせるでしょうか。

 
 
《つづく》

 
 
 

新作「草原と羊と風と」のカード

ファイル 31-1.jpg

 
 新作の遊牧生活カードゲームのカードを試験的に印刷しました。
 仕上がりは良好なのでこのまま進行します。

 タイトルは仮題そのままに「草原と羊と風と」で。

 
 ↓ カードの情報は大ざっぱにこんな感じです。

ファイル 31-2.jpg

 プレイ上の言語依存度はそんなに高くないので、先々英語版とか作るのも
そんなに大変じゃないだろうとは思うのですが、残念ながら自前でやるには
スキルが無いのねん。

 

『サッカー戦術をボードゲームで表現できるか?』対局リプレイ・8

 
 
前回よりつづき》

 
《第15手終了時》
ファイル 30-1.jpg

 
 第15手で、《青》はいよいよ直接《赤》のボールを奪いに迫り始めました。
《青》の[Mov]は次手には、《赤》[Dri]に接しつつ同時に その隣でボールを
保持する[Spr]にもプレッシャーをかけられる体勢をとることができます。

ファイル 30-2.jpg

 《赤》としては、そろそろ攻撃を加速させなくてはならないでしょう。
 ボール位置と逆の左サイドから攻撃参加の人数を分厚くする試みは《青》に
対応されましたが、そのゴール前には手薄な部分があります。
 完璧な形でのゴールには手数が足りないと思われるので、《赤》はサイコロ
を使ったシュートでの波状攻撃に意識を向けることにしました。運に任せた
シュートでも、繰り返し打てば得点できる確率は高くなります。

 考えた末、《赤》は次のような連続攻撃を仕掛けていきます。

 
 

●前半8分/第16手

 《赤》の第16手。
 前線の[Fig]を前方に進めるとともに、隣接する《青》[GK]に「競り合い」を
して、位置を入れ替わります。
 そして、右サイドでボールキープする[Spr]が、そのままの位置から[GOAL]コマ
の中央・[OA]に向かってシュートします。
 時間は進めず。

ファイル 30-3.jpg

 

●前半9分/第17手

 《青》の第17手。
 《赤》のシュートを受けたため、対応しなければなりません。
 シュートを打った《赤》[Spr]に直接アプローチしてシュートを止めることは
できない状況なため、シュートを受けている[GOAL]コマ([OA]コマ)の方に
選手を寄せてボールをキープする必要があります。
(ペナルティエリア外からのシュートは、「シュートを打っている選手」、
「シュートを受けている[GOAL]コマ」のどちらからでもシュートを止める
ことができます)

 [GOAL]コマ([OA]コマ)に隣接する動きができる《青》の選手は[GK]のみ。
 [GK]を移動させてボールをおさえました。
 時間は前半9分に。

ファイル 30-4.jpg

 

●前半9分/第18手

 《赤》の第18手。
 ここから《赤》が畳み掛けます。

 《赤》は[Mov]がゴール正面奥に進入し、《青》[GK]がおさえたボールを
すぐに奪回。そしてそのまま隣接する[Fig]にボールを預け、[Fig]は即座に
シュートします!
 今回選ぶのはサイコロを使ったシュートです。

ファイル 30-5.jpg

 サイコロによるシュートの場合、[GOAL]コマのどれを狙うかは実質どこにも
影響を与えません(シュート成功なら得点~キックオフとなり、失敗ならば
相手[GK]にボールが渡って再開、となるので)。
 あくまで「とりあえず」の事として《赤》は[OA]コマへのシュートの形を作り、
サイコロでの判定に挑みます……

 
 
《つづく》